今月のインテリア

アルプLD ソファーベッド (カンディハウス)

座面が弓形にカーブしたユニークなソファーベッドは、カンディハウスいちばんの長寿製品。
ソファーに横になる日本人のライフスタイルに合わせて、背クッションは置き式になっています。
低めの椅子やテーブルと合わせると、くつろぎのソファがダイニングセットとしても使えます。

カンディハウスロゴ

アルプのダイニングセット使用例(カンディハウス)

リビング兼ダイニングセットとしても。(撮影:カンディハウス大阪)


アルプ(カンディハウス)

安定感があり、端に座ってもぐらつきません。

  • アルプ、ソファーベッドとして使用時(カンディハウス)ソファーベッドとして使用時
  • 張り地によってはこんな可愛い雰囲気にも。。(アルプ:カンディハウス) 張り地によってこんな可愛い雰囲気にも
  • カンディハウスの豊富な張り地張り地は革、布など多数

弓形の座面は機能的

ユニークなデザインのアルプですが、機能面も優れています。
例えばソファーベッドとして使用時は、頭と足が高めになって心地いい。
また、座面の端が高いので端に寄りすぎることがなくなり、転がり落ちることが少ないという利点もあるそうです。
背クッションを外せるので掃除がしやすく、埃がたまりにくいところも良いですね。
材質やデザインが良いことはもちろん、機能性も長く愛される理由だそうです。
(取材/suki)

製品詳細

  • 製品名:アルプ(ALP)ソファーベッド
  • 木材:2タイプ(ナラ/ウォールナット)
  • 張り地:ファブリック、レザーなど多数
  • サイズ:2サイズ(W1860 D750 H810 SH400 / W1640 D750 H810 SH400)
  • 価格:\187,500~492,500(税抜)
  • 40年間作り続けられている定番製品。
  • カンディハウス公式ページhttp://www.condehouse.co.jp/
スタッフからヒトコト
カンディハウス大阪支店 町山 隆志様
北海道旭川にカンディハウスが創業したのが1968年。
ロングセラー製品「アルプ」は、子育てが落ち着いた年配のご夫婦にも好評です。
ライフスタイルが変化してもマルチに使えるところが良いようです。
ソファーベッドとして使うときは背面のクッションを取り外すと奥行をゆったり使うことができます。
ショップでぜひ、実物をご覧ください。