今月のインテリア

荒川技研工業「ハンガーラック」

技術と精度へのこだわりが生んだGood Design。
荒川技研工業株式会社は1973年に工事用の配線引き込み工具の製造からスタートし、その原理をもとに開発した「アラカワグリップ」で国内トップのワイヤーディスプレイシステムを製造販売している企業です。最大300kg以上の重量物を吊ることもあるため、安全性と信頼性を最重要命題として、国内製造にこだわるメイドインジャパンカンパニーでもあります。

そんな荒川技研工業が販売する質実剛健な製品の中で、すぐれたデザインとユニークな機能性でベストセラーとなっているのがワイヤーシステムによる「ハンガーラック」なのです。

 

荒川技研工業のインテリアアイテム

 

「弊社が目指しているのは『住空間のクオリティの向上』です」

と荒川技研工業の伊藤主任はいいます。

荒川技研工業のワイヤーディスプレイシステムでもっともポピュラーなのは、壁面を傷つけずに絵画などを掛けることができる『ピクチャーレール』。今や賃貸マンションなどにもあらかじめ設置されているぐらい普及していますが、『絵画やカレンダー、時計などを吊るす他に、何か使い道はないの?』という問い合わせが多かったそうです。

ハンガーラック全体写真

「住まい手さんの生活をより豊かにするにはどんなことができるだろう?という視点から生み出されたのが、このハンガーラックや各種の金具なんです」

棚を吊るす、というのはまだ思いつけそうですが、ハンガーラックという発想は非常にユニークです。

「この製品は弊社が国内で初めて開発したもので、おかげさまで他社にはないアイテムとして販売しています」

荒川グリップ

 しっかりとワイヤーをホールドするアラカワグリップでラックバーの高さは自在に調節できます。

壁面のバーはラバーで保護

 壁を傷つけないように壁面用バーはラバーで保護されています。簡単に折りたためる

使用しない時にはこのように吊るしておくことで省スペースを実現。

安全性を考慮した2本ワイヤー吊り

ハンガーラックとして使ったり、折りたたんでぶら下げたりと頻繁に動かすスタイルを考慮して、前後別々のワイヤーで吊るしています。こうすることで、ハンガーバーの前を動かして折りたたんでも、後ろを動かして折りたたんでもワイヤーが外れにくいようになっています。
安全性を重視する荒川技研工業らしい配慮です。
(取材/わき)

  • 製品名:ハンガーラック
  • 素材:シンチュウ・ステンレス
  • サイズ:本体金具 340mm×158mm×16mm
  • 価格:\8,800 (税抜き)
  • 2002年・GOOD DESIGN AWARD受賞。
  • 荒川技研工業株式会社公式ページ:http://www.arakawagrip.co.jp/
  • アラカワグリップショッピングサイト:http://store.shopping.yahoo.co.jp/gripshop/
スタッフからヒトコト

 

< お話をうかがった荒川技研工業・表参道ショールーム・伊藤光児さん
精密機器のようなシンプルデザインなので、男性向けのように見えますが、女性にも好評の製品です。使わない時は折りたためる、というか、ぶら下げておけるという仕組みをご説明すると皆さんとても感心されますね。来客のときにリビングでのテンポラリーなハンガーラックとしてご利用いただくのが一般的ですが、お店での見せる(魅せる)ディスプレイとしてや、転勤が多い方の家具を増やさない工夫としても使っていただいてます。
ショールームでは、他にも様々なワイヤーシステムの活用法をご提案しておりますので、ぜひお越しいただいて実物を見ていただければと思います。