今月のインテリア

WILDWOOD DINING TABLE(ワイルドウッドダイニングテーブル)

15年間つくり続けられているMasterWalの定番製品。
直線的な天板とスチール製の脚ゆえにハードさも感じられるダイニングテーブルは、
30~40歳代の男性を中心に人気。
天板は無垢材のオイル仕上げであり、触り心地や質感など、木材本来の風合いを活かした仕上げ方。
研磨をしたり、メンテナンスが出来るという点も、大きな魅力の一つです。

ワイルドウッドダイニングテーブル
直線的な印象が男性に人気

  • sample7天板は無垢材のオイル仕上げ
  • 脚写真スチール製の脚が印象的
  • メンテナンスセット(マスターウォール)メンテナンスグッズは必須アイテム

取材後の週末「メンテナンス講習会」に参加させていただきました。
生活の中でついてしまったキズやシミを、サンドペーパーで研磨して消すそうです。 研磨したときに出た木粉を丁寧に水拭きで取り除けば下準備が完了です。
専用のオイルを丁寧に塗りこんでメンテナンスは完了。
塗り込んだオイルがしっかり乾くまでの待ち時間を含めると1日がかりになるそうですが、
その時間に家族でお食事に出かけたりなど、年に数回恒例のイベントにしているご家庭もあるとか。
スタッフの方の「メンテナンス作業を行うことで、より愛着を持ってお使いいただけます」というコメントも納得です。(取材/Z)

  • 天板:ブラックウォールナット・無垢集成材・オイル仕上げ
  • 脚:スチール(ブラック)
  • サイズ:W:1800、D845、H720(※マスターウォール大阪 展示分)
  • 価格:\166,320(税込)~
  • サイズ、天板材、脚材など、バリエーションあり
  • Master Wal公式ページhttp://www.masterwal.jp/
スタッフからヒトコト

スタッフ写真

<お話をうかがったマスターウォール大阪のみなさん
  (左から、深見さん、松田さん、白波瀬さん)
今回ご紹介のダイニングテーブルの「ワイルドウッド」シリーズは、その名のとおり野性味あふれる製品として誕生しました。その後15年の歴史の中でお客様の声を反映しながら改良を重ね、洗練された手触りのよい美しい天板が特徴の製品へと成長しました。
もちろん、マスターウォール大阪にはWILDWOOD DINING TABLE だけでなく、他にも多くのダイニングテーブルの展示がございます。
是非、一度当ショールームまで足をお運びくださいませ。
⇒マスターウォール大阪