尾田恵さん

株式会社 菜インテリアスタイリング
http://sai-interior.co.jp/
個人住宅、モデルルームなどのインテリアコーディネート、インテリアデザインから各種セミナーの企画まで、インテリアに関わる業務を幅広く手掛けている。

インテリアデコレーター
尾田 恵 さん

尾田 恵さんは、住宅・マンションから店舗や福祉施設まで幅広いジャンルのインテリアデザイン・コーディネートを手掛ける一方で、人気テレビ番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」のインテリアスタイリングを担当したり、インテリアが健康に与える効果を医師と共同研究するなどマルチに活躍されています。今回は、インテリアの世界に入ったきっかけからインテリアにかける思いまでを熱く語っていただきました。

- 尾田さんはどういったきっかけでインテリアの世界に入られたんですか?

尾田 社会人としてスタートを切った「三菱地所」でインテリアコーディネーターという職業に出会ったのがきっかけです。三菱地所は事務職で入社したんですが、その頃、同じフロアにインテリアデザイン事務所があって、そこで働くインテリアコーディネーターさんを見て、「女性にこんなプロフェッショナルな働き方 があるんだ」と思ったんです。

- その方々に触発されてインテリアコーディネーターになった?

尾田 その時は、憧れだけでしたね。その後、出産を機に退社したんですが、当時の三菱地所の上司から、仕事の基礎や面白さ、成長することの大切さを教えてもらい、今後も仕事を持ちたいという思いがやっぱりあって、インテリアコーディネーター資格を独学で取得しました。

尾田恵さん

- それはすごいですね。その後本格的にインテリアのお仕事を?

尾田 いえいえ、資格を持っているからといってお仕事があるような世界ではありません。やはり経験や仲間とのつながりが大切な世界です。そこで一念発起して町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー(以下、町田)に入学しました。町田ではがむしゃらに勉強しましたね。おかげさまで2年間のカリキュラムを無遅刻、無欠席、課題遅れなしの生徒のみに授与される賞、 特別皆勤賞をいただくことができました。そして全国の町田の生徒が参加する卒業時のプレゼンテーションコンテストで得票数第一位、ベストパーソナリティー賞をいただくこともできました。そこからがインテリアコーディネーターとしての本格的なスタートですね。
※ベストパーソナリティ賞は一般審査員が選出する賞。

プレゼンテーションコンテスト授賞式での尾田さん
プレゼンテーションコンテストベストパーソナリティ賞受賞時の写真。

- 全国大会での受賞がお仕事につながったということでしょうか。

尾田 受賞が直接仕事につながったということはありませんでしたが、町田で学んだことが、インテリアコーディネーターの仲間や企業様との出会いにつながりました。そんな出会いからいただいた小さな機会をとにかく受け止めて、一つ一つ丁寧に一生懸命考えてやってきた、ただそれだけが今の私につながっているんです。

- 「大改造!!劇的ビフォーアフター」のお仕事も、目の前の仕事に真摯に取り組んだ結果というわけですね。

尾田 はい、そのとおりです。

- 始まりは小さなお仕事でも、全力かつ丁寧にインテリアコーディネートをしてきたことで少しずつ大きなお仕事につながっていったということですね。では、尾田さんにとっての「丁寧な仕事」とはなんでしょうか?

尾田 当たり前のことだと思うんですが、お客様の求めるものを提供する、ということだと思います。インテリアコーディネーターなんだからかっこいいものを提案しなくちゃ、とか、自分のプライドとか、そういったことではなく、お客様は自分にどういったものを求めているのかを一生懸命考えて、それを提供することが一番大切なんです。

- 自分のスキルを自慢することではなく、お客様に喜んでもらえることが重要ということですね。

尾田 その通りです。私にとってインテリアコーディネートは「作品」ではないんです。どんなにかっこいいプランができても、お客様の求めているものとギャップがあるようでは意味がありません。お客様が満足されていればそれがいいインテリアコーディネートだと思います。

- 具体的な例を一つあげていただけますか?

尾田 たとえば賃貸物件のリノベーション提案をご依頼いただいた場合、お客様が求める物は二つあります。一つは入居者が「ぜひ住みたい」と思うインテリアコーディネート。そしてもう一つは「コスト」です。デザインとコスト、そのバランスが大事になりますから、入居者に魅力を感じてもらえる見せ場をしっかりと提案しつつ、抑えるべきコストは抑えるようにします。

賃貸物件のインテリアコーディネート例
ワンルームを空間的に仕切る収納家具で都会的な雰囲気を提案。本来は邪魔モノである壁面の梁に
カラーリングを施すことで、コストをかけずに洗練されたイメージを演出するインテリアコーディネートの例。

- 物件オーナーが納得できるバランス感が、賃貸物件のインテリアコーディネートのポイントというわけですね。

尾田 そうですね。同じように、個人邸には個人邸の「求めているもの」がありますから、そこをしっかりと考えて提案することを心がけています。私は、インテリアコーディネートとは、お客様に一番いい環境を整えてさしあげること、だと思っていますので。

個人邸のインテリアコーディネート例
個人邸のインテリアコーディネートプランの例。クライアントから「ホテルのような雰囲気を」という要望をいただき、ダウンライトと間接照明で光と影を演出するとともにシックなカラーの壁紙とアクセントボードでリゾートホテルのようなインテリアコーディネートを実現。

- その「いい環境を整える」という考えの一環として取り組まれているのが「医療とインテリア」なんですね。

尾田 そうですね。インテリアは素敵にまとめることはもちろんですが、それ以上に健康に大きく影響するものだということを知って頂きたいです。今年の6月には「片頭痛の過敏症を考慮したインテリアデザイン」というテーマで学会発表もさせていただきました。これは一つの実例ではありますが、今後もさらに医療とインテリアの関係について研究を進めていきたいと思っています。

片頭痛の過敏性を考慮したインテリアデザインを導入した、獨協医科大学新職員寮
獨協医科大学神経内科 准教授 辰元宗人氏と共同で 「片頭痛の過敏性を考慮したインテリアデザイン」に取り組み、新教職員寮のインテリアコーディネートを担当。入居者を対象に行った調査の結果、片頭痛の過敏症を考慮したインテリアは頭痛の症状を緩和する可能性があることがわかった。

- インテリアの可能性の広がりを感じるお話ですね。本日はありがとうございました。