青山キラー通りは近年、家具通りと言われるほどたくさんのインテリアショップがオープンするストリートですが、比較的早い段階でこの地にオープンしたインテリアショップが「DESIGN STUDIO WOOOD」です。
Wooodは、インテリアショップとしてはまだ少ない建築デザイン事務所が母体のお店。
寿命の短い日本の住宅に疑問を持ったオーナーが100年住める家を目指して独立して10有余年。暮らしをトータルで提案する中で、重視してきたインテリアをさらに積極的に展開するべく2012年に開店しました。
同建築デザイン事務所のインテリアコーディネーターとして様々なプランに携わったのち、DESIGN STUDIO WOOODのストアマネージャーとしてお店を運営する村山武司さんにお話をうかがいました。


ストアマネージャー 村山武司さん

▲ストアマネージャー 村山武司さん

―お店の名前の「Woood」って、ちょっと変わった綴りですね。

Wooodロゴ

村山:そうですね。木材を意味する「Wood」のもじりでもあるんですが、実は当店の母体でもある設計デザイン事務所「ウィズワン」と当店のコンセプトを店名に込めてあるんです。つまり

W O O O D
With One Only One Design

ということなんですね。

―なるほど。「オンリーワン」がコンセプトなんですね。

村山:はい。建築デザインでも、住まい手それぞれの暮らし方に合わせたオンリーワンの提案をしていますが、当店が扱う家具もやはりオンリーワンなものを基本にしています。
たとえば、日本にこれまで紹介されてこなかったけれども高い品質とデザイン、そして素材感も有しているヨーロッパの家具。これらをセレクトして取り扱っています。

―独自に探してこられているんですか?

村山:ええ、フランスで年2回開催される見本市とヨーロッパ各国へ出向いて、安心で安全、そして日本の住宅にもマッチする家具、という視点で品選びをしています。そこで気にいったメーカーに直接交渉し、工場視察も行って、納得した製品だけを厳選して買い付けています。

―ベルギー、スペイン、オランダなど、確かにユニークな国のメーカーが多いですね。

取り扱いメーカー一覧

 村山:輸入家具というとイタリアモダンがメジャーですが、ヨーロッパには世界的には有名ではなくても質の良い家具があるんです。そんな素材にこだわった家具を主に取り扱っています。

―現在、自社オリジナルも含めると十数社ものブランドを扱われていらっしゃいます。在庫管理などが大変じゃないですか。

村山:そうですね。基本的に船便で年間数回に分けて輸入するんですが、平均すると各家具1から3台ずつぐらいしか入荷しません。それにいずれの家具もオンリーワンの素材感を持つものばかりなので、気に入った木目や質感があれば即購入されることをお勧めしています。在庫がなくなると3~4カ月はお待たせすることになってしまいますので。

―そういったオンリーワン感が輸入家具の醍醐味でもありますね。では、村山さんお気に入りの家具を教えていただけますか。

村山:どの家具もステキなんですが、オンリーワンという点で気に入っているのはレザー製品とリサイクルウッドの製品です。

たとえばこのソファー(HANBEL/スペイン 703,080円【税込】)。

ソファー(HANBEL/スペイン 703,080円【税込】)

スペインのメーカーのものですが、皮はイタリアンレザーを使っています。
イタリアンレザーは厚みがあって手触りがいいんです。

ソファー(HANBEL/スペイン 703,080円【税込】)の素材感

こちらの製品ではダメージ加工がされていますが、この色ムラが使いこんでいくうちに微妙に変化していくんです。
丁寧にメンテナンスしながら、長く使っていくうちにさらに愛着がわいてくる。
そんな製品なんですよね。

こちらのリサイクルウッドのテーブルはベルギーの「Vandecasteele(ヴァンデキャステル)」社の製品です(227,880円【税込】)。
リサイクルウッドというのは船に使われていた木材を解体したり、鉄道の枕木を再生したりした木材のことですが、このようなテーブルの材にしたりするほか、インテリアボードとして壁に飾ったりしても味があるんですよ。

リサイクルウッドのテーブル「Vandecasteele(ヴァンデキャステル) (227,880円【税込】)」

もともとは船にボディに使われていたり鉄道の枕木として使われていたりした木材ですから、実用品として長い年月を経た独特の風合いがありますよね。

リサイクルウッドのテーブル「Vandecasteele(ヴァンデキャステル) (227,880円【税込】)」の素材感

 それらを使いながら、さらに末長く使い続けられるようにリサイクル加工して作られた家具は、これこそまさにオンリーワンですね。価格もリーズナブルですし、お勧めです。

こちらのテーブルは枕木を素材にしたものです(CONTRADICTIONS/スペイン 281,880円【税込】)。

CONTRADICTIONS/スペイン 281,880円【税込】のテーブル

CONTRADICTIONS/スペイン 281,880円【税込】のテーブルの素材感

枕木を白くペイントして再生していますが、使いこまれた素材感に独特の迫力を感じます。

あと、アンティークの材やパーツをうまく使って新しく作ったこんな家具なんかもおもしろいですよね。
(HANBEL/スペイン 366,120円【税込】)

(HANBEL/スペイン 366,120円【税込】)のテーブル

 

いずれも、ちょっと他では見たことがないようなものだと思います。
他にもたくさんの家具を展示しています。また、2014年4月には2号店を福岡にオープンしましたので、東京店と合わせて、ぜひ足を運んでいただければと思います。

―本日はありがとうございました。

(取材/わき)

Shop info

店名:DESIGN STUDIO WOOOD(デザインスタジオウッド)
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-1-25 神宮前IKビル 1階
最寄り駅
東京メトロ銀座線外苑前駅3番出口より徒歩7分
キラー通り沿い
営業時間:OPEN 11:00 Close 20:00
電話番号:03-5785-2871
Web:http://wo-ood.com/
定休日:なし

WOOODのロゴ

家具職人の手仕事が光るオリジナル家具を中心に、直接仕入れを行っている世界各国の無垢板を使用したオーダーメイド家具、ヨーロッパ諸国からセレクトしたインポート家具やデザインアイテムなどを扱っています。